Skip to content

面接で心掛けること

面接官が見ているのは、あなたの「ここで働きたい」という気持ちです。
あなたがどれだけ熱意を持っているか、どれだけここで働きたいと思っているかを見ているのです。
彼らは、履歴書のありふれた文章をあまり重要視しません。
なぜか?その文章は、あなたが今書いたものではないからです。
悪く聞こえるかもしれませんが、あなたが事前に準備して考えた素晴らしい文章ではありますが、嘘も書けてしまいますよね。
目の前の面接官はあなたが本当に考えていることを聞きたいのです。
また、用意された答えをそのまま言うのもよくありません。
ただ、最終候補者が多い場合は、その人の履歴書を参考にします。
私の場合、面接とは関係のない趣味の話をわざとします。
趣味の話をすると、どうしても本音が出るからです。
趣味の話をすると、必然的に本当の自分が出てきます。
関係ない話をするときは、朝ごはんは何を食べたかなど、いろいろなことを話します。
その理由は上記と同じで、インタビューを受ける人の素顔を見るためです。
ここでは、面接者の性格や話し方、姿勢などがどのように変化するかを判断することができます。
面接時の態度と入社後の態度は全く違います。
明るく、気取らずに質問に答えられることが大切です。
仕事への意気込みを盛り込めればなお良いでしょう。
一方、会社側は良い人を雇って利益を上げたいと思っています。
面接者はその会社に入ってお金をもらいたいと考えています。
この関係を考えて、会社が採用しやすいように自分ができることを考えることで面接での質問の答え方も変わってくるでしょう。
面接で気をつけることは次の3つです。
面接官はあなたの表情や仕草、そして特に話し方を見ています
働きたいという気持ちを会話の中に盛り込み、最後まで見せましょう
明るく答えることがとても大切です
これらをしっかりと意識して面接に臨みましょう!