Skip to content

外国人ライブチャットのメリット・デメリット

外国人ライブチャットのメリット
外国人のライブチャットには、日本のライブチャットにはないメリットがあります。
無料でアダルトライブチャットを視聴することができる
アダルトライブチャットをモロ出しで視聴できる
今回はこの2点についてご紹介します。
アダルトライブチャットを無料で視聴できる
日本のライブチャットでは、2ショットやパーティーショットの入場料がかかる場合が多いですが、海外のライブチャットでは入場料が無料です。
入場後にチップ代が発生するケースがほとんどなので、入場後に好みの女性を選べるというメリットがあります。チップ代は数十円~の場合が多いので、日本ほどお金をかけずにライブチャットを楽しむことができます。
アダルトライブチャットをモロ出しで視聴
日本では風俗の規制が厳しいため、ライブチャットを修正したり、体の一部を映さないようにしたりする必要があります。
一方、海外のライブチャットではモロ出しが標準となっているため、配信を楽しむことができます。モザイクの向こう側を体験したい方には最適な環境です。
海外ライブチャットのデメリット
一見メリットしかないように見える海外ライブチャットにもデメリットがあります。今回は以下の2点を紹介します。
2ショットチャット機能がない
チップ制やプライベートショーの料金が必要。
以下、詳しく見ていきましょう。
2ショットチャット機能がない
日本では当たり前の2ショットチャット機能ですが、海外のライブチャットではプライベートショーは2ショットチャットの範疇に入ります。
しかし、海外配信者の多くは、実際には2ショットではないプライベートショーを覗き見ることができるスパイショーの設定もあります。
配信者と1対1のチャットを覗き見されるのはあまり良い気分ではありませんが、自分と配信者のプレイを見せたい、覗き見が好きな人にとっては嬉しい機能です。
チップとプライベートショーは有料です。
海外のレストランなどでチップを払うように、海外のライブチャットサイトではチップ制を採用しているところがほとんどです。満足度に応じてチップを支払わないと、強制的にサイトを退会させられます。
チップは、サイト内で購入できるポイントを使って渡す場合がほとんどです。ポイントは1ポイント数円から数百円で購入する。
前述の通り、海外・外国人ライブチャットでは完全な2ショットチャットはありませんが、プライベートショーという、他の人が覗き見している2ショットチャットがあります。
相場は3~5ドル程度で、日本円にすると300~500円程度と、やや高めです。日本のライブチャットと同様、お金がかかる部分もあるので、この点は注意が必要です。
海外・外国人ライブチャットの仕組み
海外のライブチャットでは、日本とは異なる仕組みが採用されています。以下の3つが一般的です。
チップの支給
プライベートショー
ファンクラブ
では、この3つのシステムについて説明します。
チップ
チップは海外ライブチャットの基本的な慣習です。満足度によってチップを支払うサイトもあれば、チップを支払うと女性のアソコに取り付けたバイブレーターが作動するリモコンバイブというサイトもあります。
リモコンバイブでは、チップの量でバイブの強弱をコントロールできるので、女性のリアルな反応を楽しみたい方におすすめです。
プライベートショー
日本の2ショットチャットと同じシステムで、料金は3〜5ドル。2ショットチャットとの違いは、他の人が覗き見できるスパイショーに設定することができる点です。
2ショットとスパイショーの両方が可能なサイトを利用すれば、2人チャットと覗き見チャットの両方を楽しむことができます。
ファンクラブ
海外ライブチャットサイトの中には、チップを投げるだけでなく、毎月ファンクラブを作ることができるサイトもあります。
ファンクラブだけの特典があるサイトもあるので、応援したいモデルがいたらファンクラブにも入って2倍楽しむことができます。また、VIPシステムの特典の中にファンクラブ入会が含まれているサイトもあります。