Skip to content

冬の肌の乾燥の対処方法

私が悩んでいたのは、冬の肌の乾燥でした。化粧水とスクワオイルのみの比較的シンプルなスキンケアで、肌の綺麗さを褒めて頂くことも多く気に入っていたのですが、暖房の季節になると肌がごわつき、乾燥が気になり、化粧水をいつもより時間をかけてじっくり浸透させたり、オイルの量を増やしたりと悩んでいました。
私が実践したスキンケア方法は、朝の蒸しタオル洗顔です。水に濡らし、少し緩めに絞ったフェイスタオルを、絞った状態のままレンジで1分ほど加熱し蒸しタオルを作ります。絞った内側を顔に当て、同時に折ったタオルの間に手を入れ、手のひらも温めます。タオルの熱が無くなるまで手のひらと肌を温め、その後化粧水をつけます。
私が蒸しタオル洗顔を実践してどうだったかというと、手のひらと肌を温めたことにより、毛穴が開き肌も柔らかくなり、化粧水の浸透率が格段にアップ。化粧水をつけた時点でもっちりと柔らかいお肌に。その後につけるスクワオイルもスーッと浸透し、ぎゅーっと押し込む必要も、余分につける必要もなくなりました。また、朝一に温かいタオルを顔に当てることにより、血流も良くなるので目もスッキリ覚めて、顔のトーンも明るくなりました。
蒸しタオル洗顔をおすすめしたい人は、朝に洗顔料を使うのはあまり好きではないけど、化粧水をつける前にクリアな肌にはしたい!という人。寝てる間に出た皮脂や夜につけたオイルやクリームを洗い流すのではなく、蒸しタオルの蒸気が程よくリセットしてくれて、さっぱりして気持ちがよく、朝のスタートにはとてもおすすめです。おすすめしない人は、ニキビや日焼けなど、肌が強いダメージを受けている状態の人。蒸しタオル洗顔をすることで悪化させてしまう危険性があるので要注意ですね。
タオルは、ハンドタオル等では面積が小さく冷めやすいので、厚すぎず薄すぎずのフェイスタオルが程よい保温性があるのでおすすめです。熱すぎると低温やけどになりかねませんので、レンジで加熱後はタオルを手で広げながら温度を調節、確かめてから肌に乗せるようにしてください。朝、少し早起きしての蒸しタオル洗顔は、やらない理由がないくらいメリットがいっぱいです。小さなひと手間だけど大きな変化を生みますよ。
【PR】
青森県で太陽光発電を設置するときにおすすめはこちら