Skip to content

マウスウォッシュに関する淡くて青春時代の良い思い出

  • by

私は思春期の高校時代の3年間ずっと女子ばかりしか居ないクラスに居たため、男子と摂取る機会はほとんどありませんでしたので、異性と近い距離になるととても緊張するようになりました。そして専門学校に通うようになるとクラスには多くの男子生徒が居たので、ワクワクする気持ちと一緒に上手く接することが出来るか不安な気持ちもありました。しかも田舎育ちの私が都会の専門学校に通うことにしたので、自分だけが田舎者のダサい女の子で、他のクラスメート達は都会的で洗練された人達のような気がして気おくれもしてコンプレックスを抱えていました。ですがそんな私に積極的に声をかけてくれるクラスメートが居たお陰で、彼女の周りに居たクラスメート達とも仲良くなれる事が出来て、楽しい学校生活を始める事が出来ました。
そしてそれがキッカケでクラスの男子たちとも少しずつ話が出来るようになって行きました。ですが男子と至近距離で話す機会があると、「自分の息が臭かったら嫌がられるだろうな」と勝手に不安になっていました。ですから私は小さ目の容器に入っているマウスウォッシュをバッグにいつも入れて、特に何かスナック菓子を食べた後やランチを食べた後には洗面所に行ってそのマウスウォッシュを口に入れて、口の中の洗浄をしていました。そうすることによって口の中がスッキリして気持ちも落ち着きますし、自分の息を心配せずに色んな友達や男子たちと接することが出来るようになりました。今考えると自意識過剰だったなと苦笑する思い出なのですが、でも淡くて青春時代の良い思い出となっています。
最近は自宅でも口臭ケアサロンと同等の口臭ケア効果がある機械があっていいですね。
昔からあれば口臭に悩むこともなかったのに、、、
>>口臭サロンが開発したスーパーブレスLVの口コミ