Skip to content

ブラック企業から逃げよう

ブラック企業でどうしようもないと思ったらそこから逃げることを考えましょう。ブラック企業は、自分のためだけでなく家族のためにも良くありません。
自分の生活が豊かであれば、それだけ余裕が生まれますので、仕事や労働環境への不満を我慢する時間を減らすことができますし、ストレスフリーな状態で仕事ができます。
また、心にもゆとりを持って仕事に集中できますから、生産性の向上が見込めるのです。
ブラック企業から抜け出すためには? ブラック企業に勤めていると、どうしても辞めたくなりますよね。
しかし、そこですぐに辞めてしまうのでは意味がないのです。まずはしっかりと証拠を集めましょう。辞める前にきちんと調査して、どんな問題が起こっているのかを知ることが大切です。
そして、証拠が集まったならそれを上司に提出してみてください。あなた自身が辞めたいと思っていても、そのこと自体に問題がある場合があります。例えば、パワハラを受けているとかセクハラを受けたといった理由がある場合には、会社を辞めても問題の解決にはなりません。
このような場合は、退職する前に弁護士に相談してみるのも良いでしょう。
弁護士に相談することで、問題解決に向けて具体的なアドバイスを受けることができるはずです。
ただし、注意しなくてはならないことがあります。それは、会社が勝手に退職届を受理してしまうことです。そうすると、未払い賃金などを請求できなくなります。この場合であっても、就業規則を確認する必要があります。残業代などの支払いについて明記されていないか確認してみてください。
もしそのような記述がなければ、会社はあなたの言い分を無視して解雇できる可能性があります。解雇無効の確認訴訟を起こすことも検討した方が良いかもしれませんね。
次に重要なことは、労働組合に加入することですね。ユニオンとは日本語で組合という意味になります。つまり労働組合のことです。労働組合に加入すれば、不当な扱いを受けないようにすることができます。
ただ、加入しているだけでは何も変わりません。労働組合はあくまでも労働者同士の助け合いのためにあるのです。だからと言って、何もしないよりは良いでしょう。労働組合に加入するためには、以下の2つの方法があります。
1つ目は、職場の近くにある支部を探し出し、そこに加入したいという意思を伝える。
2つ目は、会社の近くの支部に電話をして加入したいという意思を伝える。どちらも同じ手続きが必要となります。
もうひとつ大事なことがあります。それは、労働組合に加入したということを証明するために、組合員証を発行する必要があるということです。この組合員証があれば、他の人から不当に扱われないようになります。
ちなみに、ユニオン・ショップ制度というものもあります。これは、労働組合のメンバーでない従業員でも加盟することができるという制度です。この制度は、企業によって異なりますが、会社と労働者のどちらからも苦情を申し立てられると困るという場合に利用されています。
ブラック企業を見極めるために ブラック企業の見極め方は人それぞれだと思いますが、やはり一番わかりやすいのは労働時間ではないでしょうか。労働基準法に違反していないかどうかを確認しましょう。長時間労働である場合はもちろんアウトなのですが、短時間労働でも同じくらい危険な場合もあります。

弁護士法人みやびの退職代行 口コミ・評判