Skip to content

ナチュラルおばさんに気を付けて!見えないところで子宮とアソコを温活をしよう

「温活=体を温めるべし」というのはいまや常識。
ショーツにカイロを貼ったり、布ナプキンに変えたり、飲み物にショウガを入れたり、日ごろの生活の中で何かと意識されている人も多いのではないでしょうか。
どんなときも靴下5枚履きを忠実に守っている人もいます。ただ、それはちょっとエレガントにかけていますし、アラフォー以上の女性なら、その姿はまさに「ナチュラルおばさん」という印象をまわりの人にあたえてしまいます。
それってちょっと残念ですよね。
確かに温めたほうが美容にも健康にもいいです。
冷えた女性はおブスになるとも言われています。だけど、「温活」に力を入れすぎる姿も同じくらいおブスな印象になりがちです。
「温活」するおさえるべき場所は2つ。
一つ目は、子宮。もうこれは理由を言わなくても女性ならわかると思います。
二つ目は、胸。
温活意識が低くなるパーツなんですが、バストまわりはリンパが密集しているので温めると育乳にもなります。
ジニエブラは授乳まで使えるナイトブラだからコスパ良し!!
夜寝る時もバストまわりが温かいと心地よく眠れます。
温活のパーツは、子宮とバストをおさえましょうね!