Skip to content

オナ電について解説

オナ電は究極だった
おなでんは、オナ電の中でも最も快感を得られる行為である。
本来、オナ電はエッチに代わるものとして、自分ひとりで快感を得るための行為だが、そこから派生して、自分とパートナーの2人で行うスタイルになったのが「おなでん」の特徴であり、オナ電行為の中でも異彩を放っている。
オナ電は一人でするもの」という常識を覆し、「誰かと一緒に楽しむ」という画期的な発想の転換がなされたのだ。
そんな画期的なオナホールですが、実際にやってみると、これがまた最高なんです。
一人でのオナ電は事務的な作業となり、ルーティンワークのようになってしまうことも少なくありません。
相手が人間だからこそ、『おなでん』は究極のオナ電なのです。
オナ電は最高のオナ電なのです。
この記事では、オナ電の基本から応用テクニック、そしてオナ電をする上で知っておかなければならない注意点まで、オナ電のすべてを解説していきます。
オナ配信を見せ合うのがアツい!
おな電はその名の通り、電話でお互いのオナ電を楽しむ行為のことですが、近年はかなり進化し、多様化しています。
その代表的なものが、ライブ配信の普及です。
特にライブ配信は10代、20代の女性に人気があり、オナ電でもライブ配信やテレビ電話によるオナ配信が若い女性の間で流行っている。
これはオナ配信見せつけプレイです。
音声通話だけだった時代は、声だけに頼ったアナログなプレイだった。
しかし、ライブ動画配信が加わったことで、オナ配信はエッチに近づき、一部では「エッチを超えた」とも言われている。
この記事では、そんな新世代のひとつである、ライブポルノ配信とビデオ通話オナ電の見せ合いっこについて触れています。
ぜひ最後までお付き合いください。
オナ電の注意点
オナ電は最終形態ですが、良い事ばかりではありません。
オナ電をする上で知っておくべき注意点があります。
そもそも通常の自慰は、誰にも見られず、知られることもなく、一人でひっそりと行う行為です。
自分が気持ちよくなるのであれば、まったく自由な世界です。
しかし、オナ電には相手がいる。
一人ではなく相手がいる場合、自分さえ良ければと自分勝手なプレイをするのはマナー違反になるかもしれません。
オナ電の注意点については、後半で具体的な例を挙げながらしっかり解説していきます。
快適なオナ電を楽しむ前に、ぜひ守るべきルールを覚えておいてください。