Skip to content

「日本人はおいしいものを知らない」中国で大人気のザリガニを追う!?

  • by

アメリカザリガニは、日本では生態系に被害を与える侵略的外来種として規制されていますが、中国では近年、夏の味覚として人気を集めています。食品・飲料などの関連産業を含めた市場規模は4200億元(約8兆4000億円)にものぼるという。日本の国会でアメリカザリガニの販売を禁止する改正案が可決されたとき、中国のネット上では「日本人はおいしいものを知らない」と話題になった。しかし、実は中国のザリガニは日本と密接な関係にあるようだ。
中国で大量に仕分けされるザリガニ
 湖北省の省都・武漢から車で西に3時間ほどのところに丁江市はある。泉江市の中心部に到着すると、巨大なザリガニのモニュメントが出迎えてくれた。中国最大のザリガニ産地である湖北省の中でも、仙湖市は1、2を争う生産量を誇っている。人口約100万人のうち5人に1人がザリガニ関連産業に従事しており、中国では「小龍蝦郷」(ザリガニのふるさと)とも呼ばれている。
 夏といえばザリガニ」と、市内のレストランで地元の人が言っていた。市内のレストランでは、地元住民が友人たちと大皿を囲んでザリガニをおいしそうに食べていた。記者は殻をむいて口に放り込んだ。エビに似た濃厚な味が、山椒などの香辛料の香りとともに口の中に広がった。
 香辛料と一緒に食べたり、ニンニクをたっぷり入れたり、シンプルに蒸したり、食べ方はさまざまだ。デューク・リバーシティのザリガニ博物館によると、市内で128もの調理法があるという。さまざまな調理法が開発されたおかげで、子どもからお年寄りまで楽しめる食べ物になりました」とコメンテーターの楊子琳さんは言う。
 また、中国最大のザリガニの卸売市場も見学した。作業台の上に生きたザリガニが無数に積まれ、作業員がそれを選別していた。ザリガニは生きたまま箱に詰められ、各地に出荷される。記者が訪れた日の取引価格は、500グラムあたり16〜38元(約320〜760円)。安徽省や湖南省など他の主要産地に比べ、数元高い価格だった。選別作業を見学していた地元農民の周淑東さん(53)は、「デューク川産は養殖技術が進んでいるため、肉質が良い。肉質が大きいのも特徴です」と誇らしげに説明した。
 中国漁業協会などがまとめた報告によると、中国のザリガニ生産量は2012年の約55万トンから、2009年には約263万トンと急成長している。養殖方法の主流は、水田での稲作と相性の良い「共培養」である。この方法は、大きな設備投資が不要で、農家の収入増につながる。ザリガニが雑草や害虫を食べてくれるため、農薬の削減も可能です。
 卸売市場の近くにある趙農村でも、10数年前から共作を始めた。村トップの共産党支部書記、趙長宏さん(60)は、稲作だけに比べて面積当たりの所得が「4倍になった」と強調する。農村の所得向上は、「貧困撲滅」の達成を宣言し、格差解消のために「共同富裕」をスローガンに掲げる習近平の政策と重なるため、地方政府も積極的に推進している。
 中国のアメリカザリガニは、実は日本と関係があるようだ。環境省などによると、アメリカザリガニは1927年に食用ウシガエルの餌としてアメリカから日本に輸入された。当初は20匹ほどしかいなかったが、繁殖力の旺盛なザリガニは瞬く間に日本全国に広まった。杜鵑川市のザリガニ博物館によると、1930年代に日本から中国江蘇省に持ち込まれ、長江中・下流域をはじめ中国全土に広まったという。当初は食べる人も少なかった。しかし、1990年代以降、調理法や養殖技術の向上により、徐々にポピュラーな食材となり、今では中国全土の食卓に並ぶようになった。大皿に盛られたザリガニを大人数で食べる光景は、夏の夜の風物詩となっている。
 今年5月、日本の国会でアメリカザリガニの放流・販売を禁止する改正外来生物法が成立すると、中国の国営メディアはこれを大々的に報じた。中国のインターネット上では、「これはひどいニュースだ」、「おいしいし、増えすぎる心配はない」という書き込みが相次いだ。